a0019637_22325982.jpg

この前茶屋町にてでかいタワーレコードに興奮しつつ、発売を見逃していた
『Bonnie Prince Billy & Cairo Gang~Wonder Show of the World 』
を発見!
早速聴いてみると、前回の『Beware』がねっちりこってりのラブソング集ならば
今回もまたボニプリ節満載のラブソング集なのでありますが、
全体的にほんわかした少々ユルめの曲が多く
ほんのり味のある一枚に仕上がっております。

ボニープリンスビリーのしゃがれ声とカイロギャングのしっとりギターが
優しく優しくメロディーをつむいでいく楽曲を聴いていると
思わずにんまりせずにはおれません。

ライナーノーツに『スウィートな艶歌作品』なんて紹介されてましたが
まさにど艶歌といった感じ。そのカテゴライズの仕方はおもしろいなぁと納得してしまった。

そこで、ボニープリンスビリーが『艶歌』ならば
『歌酔曲』ってカテゴライズもあっていいんじゃないと。
じゃぁ誰が、、、、
と考えるまでもなく浮かんだのが『Plush(Liam hayes』でした。



もう、何この寺尾聡ばりのでかいグラサン、ねちっこい歌い方。
『Bright penny』では前回(Fed)のアバンギャルドさを薄めて
(いや、ある意味今回の方がアバンギャルドなのか?)
楽しく歌おうぜなノリをこれでもかと前面に押し出しております。
しかし、濃いいアルバムなのになんかついつい聴いてしまう私がいる。

ボニープリンスビリーにせよPlushにせよ
もはやその人そのものがキャラクターとして成立しているので
これからもたくさんの人に愛され、歌うことでその愛にこたえる、そんなアーティストと
いう点では共通しているのかもしれません。
[PR]
ご無沙汰しておりました。
書き込みが滞りまっくてましたが、先日2回目のtortoiseを
拝みに行って参りましたので、その様子を。

今回は2回目ということで、折角なので、前回とは違う角度から観ようと
思い、右側(ジョンヘーンドンの後ろ側)を陣取りました。
この角度だとマッケンタイアのドラミングも拝みつつ
ヘーンドンの一挙手一投手が見れるわけです。
ダグが遠いのが少し残念だったけど。

セットリストはというと、当然『Beacons of~』を中心に、
スタンダードな選曲満載で、次これくるか!やっぱりか!と
うれしい悲鳴の連続なのでした。

順番はバラバラですが以下の選曲だったと思います。
記憶が定かではないので、間違いがあるかもしれませんが、、

high class slim~
minors
gigantes
the fall of seven~
stretch
five too many
eros
monica
dot/eyes
charteroak foundation
prepare your coffin
salt the sky
the equator
the suspention bridge
on the chin
in sarah,

アンコール
swung from the gutters
i set my face to the hillside
seneca


前回は初めてということで、マッケンタイアを集中的に観てましたけど
今回はヘーンドンをがっつり観させてもらって、
いやー、ほんとにほんとに素晴らしかった!
ドラミングのパワフルさはもちろんのこと
ビールをガンガン飲みつつ、ドラムにビブラフォンにキーボードにと
器用に操る様にうっとり。
またあの人のもつムードメーキングな雰囲気にもすっかり虜になってしまいました。

Salt the skiesの時だけは、ああ、マッケンタイアを近くで見たかった
と思ったけど、ビブラフォンのスティックの先の毛がべろんべろんに
出てきちゃって、手で引きちぎるヘーンドンがかわいかったのでよかった?


Beacons of~の曲は今回初めてライブで観たわけですが
prepare your~はロック色の強いナンバーだからライブにうってつけだし、
charteroak foundationがこれ、実際に生で観ると
思っていたよりも遥かにファンタスティックで、格好よい!
ライブ企画盤の『why waste time?』
に特典映像でついていたライブ映像を何度も何度も見返しては余韻を反芻しております。

アンコールでi set my face to the hillsideを演ってくれた時は
感激で涙がでそうになりました。
ライブを重ねるごとにますます魅力を増すtortoise。
今後も来日したら必ず見に行こうと心に誓うワタクシでした。

※後日追記
セットリスト曲数多すぎるので
明らかにやってない曲が3~4曲あるようです。
参考にされた方がいたら本当にすみません。



(画像は今回のものではありませんが)



[PR]
見逃すところでした。

yo la tengoの演奏がアップされてますよーの
話題で見ていた『Pitchefork TV』を見ていると、
Tortoiseの演奏も放送されてるではありませんか。

tortoise-PitchforkTV
いやー、見れてよかった。
この番組、初めて見たけど、
ビルの屋上でのライブという企画が定番のようで、
丁度シチュエーションが『Burn to shine』の
取り壊し前のビルの一室での演奏、と同じ感じなのがうれしい。

昼間の明るい太陽の下での『Swung from the Gutters』は
ホーン抜きのシンプルな演奏がいつもと違う趣きでよろしですな。
(ジョン×ジョン ダブルドラムスは何回見ても見ごたえありすぎです)

ちなみにYo La Tengoでジョージアが
夕暮れ時にサングラスをかけているのが?ではあるが
『Here to Fall』のダークな雰囲気が最高にマッチしていて
これまたかっこよすぎやしませんか。

Yo la tengo-Pitchfork TV
[PR]
日本での公演はフジロックのみですぐ帰ってしまったtortoise。

単独ライブあったら絶対行こうと思ってたのに。

冒頭は予想通り『Prepare Your Coffin』
その後も期待通りのセットリストで
YOUTUBEで少し上がってた動画見るだけでも
鳥肌ものだった。

『Salt The Skies』は演ってないんかな。
これやられてたら、ノックアウトやわ。

身体がついていくうちに(もう手遅れかも)一回は
フジロックに参戦したいですなー。
欲を言えばATPにも。。。




[PR]
a0019637_2303314.jpg

3ヶ月ほど前、携帯を会社の便所にボットンするという事態に見舞われました。
本当に文字通りのボットン。
田舎に住む私の勤める会社もそれはそれは見晴らしのよい田舎にあるので、
便所も水洗ではなくぼっとんなのです。

携帯の故障理由調べの5パーセントを割ると思われる、『ぼっとん便所に
落としてしまい、故障』

そんなわけで、高い携帯をそうそう買い換えるわけにもいかず、
やむなく昔使用していた機種に戻したわけです。
その昔の機種ってのが、これまた全auユーザーでも希少と思われる、INFOBAR。
INFOBAR2すら今や珍しいと思われるのに、初代です。

まぁ実のところ、携帯なんて、会話とメールさえできれば、あまり不便のない私。
そんなわけで、逆にありかも、と思いつつもINFOBARに落ち着いたのです。

More
[PR]
# by gobuffalo | 2009-08-02 23:15 | GOODS
この後姿、なんでしょう?
そう、憧れのNAUGAモンスターが遂に我が家のファミリーに加わりました。
a0019637_22174957.jpg

a0019637_22183047.jpg

土曜日、土岐市のプレミアムアウトレットにて。
あれこれショップを見て回っていると、BEAMSのショーウィンドウの片隅に
ぽつんと佇むその姿を発見。

NAUGA×BEAMS仕様のモンスターがあったなんて全然知らなかったんですが、
アウトレットということで、その値段もほぼ半額!
定価では絶対に入手できへんけど、半値とあっては買わないわけにはいきません。

そんなわけで、初めてのNAUGAモンスターはBEAMSの地球儀マーク入り。
姿形は通常のNAUGA復刻版と同じで、足元には『NAUGAHYDE』ロゴもちゃんと入ってます。
a0019637_22191928.jpg


これで、額入りNAUGAポスター、NAUGAマグカップときて
やっとこさ本物のNAUGAモンスターがディスプレイされることとなりました。

ちなみに、アンガスとニコにイタズラされるかと思いきや、
二人とも全く無関心だった。味気ないやつら。
a0019637_22194592.jpg



ところで、アンガスに引き続き、ニコも3月で4歳となりました。
二人とも4歳。何気にお年頃。
子供を産ませてあげたいという気持ちも芽生えてきた飼い主。
でもそもそも本人たちにその気がなければ、、、。
先日のニコがヒートになっていた時の様子。
見ての通りの有様で、妊娠には程遠い二人なのです。
立場が逆転アンガス君

それに仲良く寄り添って寝ている姿を見ると、このままのほうが平和かしら、という
想いもあったりで。
a0019637_2253045.jpg

まぁまずは色々勉強してからかな、先に進めるには。

そして、最後に飼い主の最近のマイブームはというと、、
「最強伝説黒沢」
福本伸行先生の異色?ヒューマンど根性ドラマといったところでしょうか。
この漫画、なんかもう、とにかくやりたい放題。
主人公黒沢の意表をつくギリギリアウトの七転八倒っぷりがハラハラするやら
笑えるやらで今までに出会ったことのないエンターテイメントを繰り広げる作品です。

人望欲しさにアジフライをポッケに忍ばせるおっさん黒沢、猟奇的な行動の数々の
裏にある心の葛藤をいつもの福本節でたたみ掛け、物語は知らず知らずのうちに
あさっての方向へヒートアップしていきます。

この作品を中古本屋でこつこつ買いためて参りましたが、
あと3巻見つからずに今日に至っています。
5巻、10巻、11巻がどうしても揃わない。
かといって新書で買うのも悔しいので、出かけた先々で古本屋を漁りまくるのが
週末の定番なのです。

アンガス、ニコ、お母さんはダメ人間だよ。。
[PR]
# by gobuffalo | 2009-03-22 23:06 | GOODS
お~い、4歳になったのだれや~?

僕です。
a0019637_172458.jpg

アンガス君、2月3日で4歳になりました。

a0019637_1722691.jpg

a0019637_1725663.jpg

a0019637_1724215.jpg

4歳ともなるとさすがに落ち着いてくるもんでしょうか、
最近は、ご飯を食べる時と散歩の時以外は
ほとんど毛布にくるまっていて、一緒に家にいても姿は見えずといった感じです。
おじいちゃん犬、アンガス。

ニコさんも3月に4歳になります。
関係ないけど私も先日32歳になってしまいました。

これからも元気で家族仲良く過ごせるますように。

今日YOU TUBEを見ていたら、こんな素敵な動画を発見しました。
スウェーデンのお宅のワンちゃん
これはウィペットとイタグレかな?
なんとキュートな子達なのでしょう。
BGMがまたこれTortoise&Bonnie Prince BillyのCalvary Crossだし。
(むしろこれから検索してて偶然見つけました)
こんな素敵な家族を見ていると、ウィペットにも触れ合いたいという衝動が
押さえられんくなってしまいますねぇ。


あと、パンダさんのその後ですが、
やはり下取りに出すことに決め、1月には次の車が納車されました。

次はコスト面を優先してスバルのR2に。
中古ですが、よく走るし、いい車です。
一貫性のある丸いディテールはなかなか可愛いと思いませんか?
a0019637_17264590.jpg

a0019637_17261965.jpg

私のお気に入り。イタグレのローズイヤーのような形のサイドミラー。




今日、車屋さんの前を通ると、わたしのパンダさんが店頭に並んでいた。
まだ値段はつけてなかったけど。
少し寂しい、、、いや、かなり寂しい気持ちになりましたが、
新しいご主人様の元、幸せに過ごせることを祈っています。
[PR]
# by gobuffalo | 2009-02-20 17:07 | イタグレ
年末、初めての沖縄旅行に行って参りました。

天気はあいにくの曇天時々雨でしたが、さすがに沖縄。
年末なのにとても暖かい気温。
信州から来た我々にはそれだけで幸せ度満開。

マリンスポーツはもっぱら苦手なもので、観光とショッピング、そして何より
B級グルメを食べまくることに全精力を注ぎこんで参りました。
場所が変わってもやることに進歩は見られない。。

3泊4日の宿泊先は国頭村で2泊、那覇で1泊だったので
北から南まで結構満遍なく観光ができました。
a0019637_2210286.jpg

砂浜の結婚式、絵になりますなぁ。

初日は到着が夕方だったので、2日目に国頭村周辺の探索から。
沖縄といえば那覇市周辺の都会か若しくは離島といったイメージだったのですが、
北側のエリアは本当に、良くいえばとてものどか。悪く言えばど田舎。
しかしこのまったりした雰囲気の居心地よさったらない。
石作りの独特な外観が特徴のお家が点在してましたが、門にはやはり
あのシーサーが、、、
a0019637_22113884.jpg

a0019637_22121410.jpg

シーサーが3匹居るやないか、と思ったら本物の犬が混ざってました。
こいつらだけには任せてられへん、とばかりに門番をしているのでしょうか。

折角なので初めての釣りに挑戦。といってもレンタルの釣竿はホテルのビーチの桟橋
のみでしか使えず、何も釣れまいと思っていたら
ハリセンボンが釣れました。初釣りで結構な大物が取れた。
a0019637_22123977.jpg

しかし大きすぎてリリースがうまくできず、リリース時にはパンパンパンに膨れてこの
姿に。
a0019637_22125550.jpg

すまん、春奈よ。(ハリセンボンやから)

昼はホテルそばにある『ひまわり食堂』という外観からは不安が募る食堂へ。
外見とは裏腹、味はかなりいけました。
ソーキそばもゴーヤチャンプルーも美味しい!
ゴーヤチャンプルーには漏れなく山盛りのご飯とそば入りのお汁がついてきます。
a0019637_22151714.jpg


その後古宇利島~今帰仁城跡へ移動するも雨となり観光ままならず。
写真は古宇利島の売店の看板犬?
a0019637_2220269.jpg

沖縄ではノーリードが一般的か。
3日目、はベタに美ら海水族館~名護へ移動、沖縄そば(ソーキそば&3枚肉そば)
を堪能。沖縄そばの店は多すぎてどこがいいのか。ここは地元情報を、と沖縄に住む
友達から教わった『宮里そば』へ。
a0019637_22165092.jpg

ここのそばには昆布がついてきます。美味い!ソーキは実に柔らかく、
おだしはじんわり優しい味。
2度目の沖縄そばがこれまた大当たりで、テンションの高い私。
a0019637_2217840.jpg


その後さらに南下。北谷~宜野湾を通過。宜野湾の大山にて中古家具屋巡り。
普天間アンティークモールでは良心的値段のファイヤーキングのマグカップを
購入できました。
中古家具通りで出会ったワンさん。
a0019637_22172934.jpg


途中、念願のA&Wにて、美味いカーリーフライとハムサンドを堪能。
そして沖縄の台所Jimmy'sではダイナミックな陳列の店内を徘徊。
写真は丸チキンを下から取ろうとするおばあ。
a0019637_22175540.jpg

そしてあれこれ食材をゲットしてテンションの高まる私。
a0019637_22181017.jpg


最終日には那覇からさらに南下し、ニライ橋カナイ橋へ。
ニライ橋の最終あたりで、ニライ橋上にいると気づき慌ててとった写真。
a0019637_22154641.jpg

あそこは車で走るより歩いて通った方がいいのかもしれない。
その後ひめゆりの塔へ行き、(ひめゆりの塔を暖かく見守る猫ちゃん)
a0019637_22312360.jpg

またもやA&Wで2度目のカーリーフライと
エッグサンドを食す。あかん、A&Wうますぎる。もはや病みつき。
那覇に戻る途中でアウトレットモールに立ち寄る。
ここで最終日にしてようやくタコスを食す。

このようにB級グルメを食べつくし、夜はオリオンビールと沖縄料理(ふ~ちゃんぷる~
とかラフテーとか美味いものが多すぎてやはり暴食)に舌鼓を打つ日々を4日間続けて
参りました。
食べ物もさることながら、のんびりした風土と暖かい気温、どこまでも続く綺麗な海、
沖縄最高、ビバ沖縄。できるなら冬だけ移住したい沖縄。
そんな感じで、心も体重もしっかり満たされた私。

実は今回、初めて長期のホテル住まいとなったうちの犬2匹。
なんと4泊5日の長いお泊り期間を経て、久しぶりに再会した二人は
なんだか妙に落ち着いた様子。
a0019637_2351258.jpg

長い留守番の成果かな。でも少し痩せてしまったので
寂しい想いをさせたんだと思う。ごめんね二人とも。

雪降ってますますテンションの低いニコを見ていると
今度こそ犬も連れて沖縄旅行に行かねばと思うのであります。
a0019637_2354412.jpg

[PR]
日曜日、ぼさぼさに伸びてひどい有様の髪を美容院で切ってもらい、清清しい気持ちで
その後もパンダ号でのドライブを楽しんだのです。

そろそろオイル交換の時期だったので、夕方、最近よく見てもらう車屋さんへ。
オイルとエレメント交換のついでに、なぜだか今日きかなくなったヒーターも
見てもらうことに。去年もヒーターが故障したので、同じ症状かしら、、と
思っていたところ。。。
パンダさんのエンジンはオーバーヒート手前といった感じ。
なぜだかファンも回らない。
「これは95%だめですねぇ」と車屋の兄ちゃん。
ガスケットが抜けている、と。
車のパーツには全く知識のない私は、なんのことやらよく分からない。
原因はエンジンをばらしてみないと分からないので、修理代も見当がつかない、
とのこと。

パンダさんは急遽入院となってしまいました。

へこむわーーーーー
7月には車検も終え、スタッドレスタイヤも新品に履き替え、
あとはオイル交換で冬に備えようと思っていたのに。。。

修理代次第では修理を断念せざるを得なくなる可能性が高い。
というかたぶんそうなるのではないだろうか。。。
5年間楽しく乗らせてもらったパンダさん、
いつかお別れのときはくると思いつつも、今度の車検までは乗ろうと決めてたのに。

心が折れそうです。

まぁ一縷の望みもあるし、へこんでばかりもいられんのでよい報告もひとつ。

信州限定ネタなのですが、『信州の建築家とつくる家』のVol5に
ウチが掲載されておりました。
a0019637_2242160.jpg
a0019637_2243823.jpg


といっても設計をしてもらった建築士さんの物件は大概この雑誌に掲載されていて、
今回は3つの物件のうちの一つとして紹介されてました。
白黒ページで、1ページだけだけど、こやって実際載ってるとうれしいもんです。
しかも、掲載されてるって知らなかったし。

パンダさんに乗ってる間に、携帯の音楽プレーヤーでシャッフル再生して
音楽を聴いてたんですけど、the sea and cakeの『Car Alarm』から
色々曲が流れて、思えばこのあたりでパンダさんなりの警告を
発していたのではないだろうか、と強引な考えに至ったりもします。
the sea and cake/car alarm

とはいえ、今日偶然にもオイル交換に行ったのは不幸中の幸い。
そうでなければ、道で突然のオーバーヒート、気づけばすでにエンジンお釈迦。
なんてことになり得たわけだし。
結果が分からないのに悲観するのはまだ早い、と自分を励ます私です。

今週のニコとアンガス。
ニコは土間の質感がお気に入りのようです。
a0019637_2235482.jpg
a0019637_224821.jpg

[PR]
土曜日、名古屋に行く用事につけこんでタワーレコードへ。
yo la tengoの未発表音源満載、映画サントラ用インスト集を購入しました。
THEY SHOOT, WE SCORE

激渋い。クールなのやしっとり深いのや中にはほんわかボサノバっぽい音も。
ヨラ臭満開、いいアルバムに仕上がっております。

このアルバムにもサントラが収録されてる『OLD JOY』は日本では公開されていないので
映画の詳細は不明だけど、ウィルオールダム(ボニー”プリンス”ビリー)が出ている。
サントラもよいけど映画も気なるところです。


そんなこんなで、日曜日の今日はすっかり日光もひっこんでしまって、
風も強い寒い1日に、冬将軍の足跡がジワジワ近づいている気配。

そして、そんな中、ついに、、、。

待ちに待ったソファの到着!
a0019637_22221460.jpg
a0019637_22223285.jpg
a0019637_22224420.jpg

購入したのは、KOSUGAのベンチシートタイプのソファ。
3人掛けでそこそこのサイズだけど、木枠で床との隙間があるせいか、
圧迫感を全く感じさせない、和モダンなテイストのソファです。

とにかく、まず汚れても大丈夫なように、ファブリック。
それもシート毎に取りはずし可能なもの。そしてベンチシートタイプのものを
探しておりました。
他の家具屋でもいいなぁ、と思うものはありましたが、
値段や座り心地の若干の違和感など、購入に踏み切れないポイントが多くありました。

しかしこのソファは、まずお値段がかなり良心的。
というのもファブリックがBランク~Lランクまで取り揃えてあるので
ここでお財布と相談しつつ自分にあったファブリックのものを選べるわけです。
折角なのでうちらは本体1+ファブリック2組を購入することといたしました。
実際汚れた時にはドライクリーニングに出さないといけないので
交互に使えた方が便利だろうと考えたわけです。

さて、我が家のリビングに合うかどうか。。こればかりは置いてみないとなんとも。
と思ってましたが。
a0019637_2223925.jpg

非常にいい感じにおさまりました。もう長いことこの空間にあったかのような
溶け込みよう。
何より、前から置いてある一人掛けの木枠ソファ(こやつはアメリカ産のUSEDだけど)
ともなんともいい感じに似合っているのがうれしい限り。
a0019637_22282364.jpg


まぁしいて問題はといえば、犬たち。
前のソファは犬が8割、人間3割くらいの使用頻度だったから、お気に入りのソファが
変わるとなるとアンガスたちがかわいそうかなぁ。と。

そんなわけで犬用に前ソファの背面クッション2と座面1は残すことにしました。

初日のアンガスたちは、どちらに座っていいのやら、といった様子で
前ソファのクッションと新しいソファを行ったりきたり。
a0019637_22233242.jpg


まぁ腰をすえるにはも少し時間が要るよね。じっくり吟味しておくれ。

僕が一番落ち着くのはニコのお尻お尻~
a0019637_2224131.jpg

[PR]