艶歌と歌酔曲

a0019637_22325982.jpg

この前茶屋町にてでかいタワーレコードに興奮しつつ、発売を見逃していた
『Bonnie Prince Billy & Cairo Gang~Wonder Show of the World 』
を発見!
早速聴いてみると、前回の『Beware』がねっちりこってりのラブソング集ならば
今回もまたボニプリ節満載のラブソング集なのでありますが、
全体的にほんわかした少々ユルめの曲が多く
ほんのり味のある一枚に仕上がっております。

ボニープリンスビリーのしゃがれ声とカイロギャングのしっとりギターが
優しく優しくメロディーをつむいでいく楽曲を聴いていると
思わずにんまりせずにはおれません。

ライナーノーツに『スウィートな艶歌作品』なんて紹介されてましたが
まさにど艶歌といった感じ。そのカテゴライズの仕方はおもしろいなぁと納得してしまった。

そこで、ボニープリンスビリーが『艶歌』ならば
『歌酔曲』ってカテゴライズもあっていいんじゃないと。
じゃぁ誰が、、、、
と考えるまでもなく浮かんだのが『Plush(Liam hayes』でした。



もう、何この寺尾聡ばりのでかいグラサン、ねちっこい歌い方。
『Bright penny』では前回(Fed)のアバンギャルドさを薄めて
(いや、ある意味今回の方がアバンギャルドなのか?)
楽しく歌おうぜなノリをこれでもかと前面に押し出しております。
しかし、濃いいアルバムなのになんかついつい聴いてしまう私がいる。

ボニープリンスビリーにせよPlushにせよ
もはやその人そのものがキャラクターとして成立しているので
これからもたくさんの人に愛され、歌うことでその愛にこたえる、そんなアーティストと
いう点では共通しているのかもしれません。
[PR]