愛すべき転球劇場

お芝居にはてんで興味がなかったんですが、友達に教えてもらって
見に行った「転球劇場」だけは、唯一大好きな劇団なのです。

そんな転球劇場も2005年は休業するとか。
本当に寂しい限りです。

大阪に住んでいた頃に、転球劇場のリーダー、福田転球さんと会ったのは
JR天満駅の高架下の小さいおでん屋でした。
そのおでん屋には友達と二人で行き、
おっさんの憩いの場であるそのおでん屋に女二人で入ってきた為、
常連のおっちゃんたちは気前よくお酒をご馳走して
くれました。

そんなとき、ジャージ姿でぷらーっと立ち寄った、毛糸の帽子に髭面の男性。
福田転球さんではないですか!!
舞い上がったうちらは、(つか特に転球さんの大ファンだった私は)
思わず、「転球さんですよね、めっちゃファンです!!」
と話しかけてしまったのです。
折角一人でしっぽり飲みたかったであろう転球さんは、
かわいそうに調子を狂わされた様子で、
1杯飲んだだけで、おでん屋を後にされました。

たぶんあの場では会いたくなかったはずの微妙なファンに
飲み物を奢ってくれ、写真まで撮ってくれた転球さん。
本当にありがとう。

「大師匠」のDVDを友達から借りて、見返しつつ、
そんなうれしかった思い出がよみがえったのでした。
a0019637_2150257.jpg

[PR]