なんやかんやで1周年

ワタクシゴトなのですが、結婚してから今日で丁度1周年となります。
ここでわからんのですが、結婚記念日っつーのは結婚式を挙げた日?
入籍した日?
私が言う1周年ってのは前者になります。

思えば大阪から長野に移住→初のマイカー→結婚→親友の相次ぐ結婚
→願望の犬を飼う
といった感じで、生きてきて28年の中で最も中身の濃いい
1年だったように思うなぁ。

占いに行っては「離婚する」を必ず言われえてきた私としては、
本人が一番びっくりするくらい、平和で充実した結婚生活を送っております。
いやはや、感謝。

そんなこんなで、今日、折角天気もいいので
車でちょっと行ったとこにある「陣馬形山」という山の頂上に行って参りました。
こっからの景色は正に絶景、南信州がほんとに一望できると
いった感じで、その美しさに感嘆の念すら漏れました。
a0019637_153428.jpg


と、ここで、何を思ったかアンガス君のリードをちょっと外してしまった。。。
今思えばひどく愚かな行為です。はい。
責めるなら私を責めてくれ、と思います。
(まぁ外したのは私でなく旦那なんですが)

頂上で景色を堪能している時。
アンガスが頂上からめっちゃ傾度のある茂みに
オモムロに姿を消したのです。
一瞬何が起こったのかすぐには理解できなかった。
え?茂みに入っていったよ。すっごい傾度あるよ、
え?落ちるんちゃうのん?

あっちゅーまにアンガスの姿が見えなくなり
「アンガス!!アンガス!!」
と声を掛けたら、方向が分からなくなったのか、ホントに登って
これなかったのか、右へ左へ動いた挙句「く~ん」と
弱弱しく鳴くアンガスの可哀想な泣き声が聞こえました。
もうまじで、パニックになるし(アンガスよりもうちらが)
助けに行くにも傾度がありすぎて動けない。
下手にアンガスがもがいたら、転がり落ちてそれこそ最悪な状態になる
かもしれない。
それでもアンガスに自力であがってもらうしか方法がなく、
アンガス!と声を掛けてたら
アンガスがそれに応えるように何とか自力で這い上がり、
顔が見える位置まで登ってきたんです。
旦那が首輪をもって一気に引き上げ、救出。

アンガスを腕に抱き上げた瞬間、今まで感じたことないくらいの安堵感が
どっと押し寄せてきて気づいたらめっちゃ泣いてました(笑)

旦那も相当パニくってたんでしょうね、「は~、御飯食べよか」
と食欲なんかどっか行ってしまってんのに、
味もよ~わからんままにマクドで買ってきた
ビッグマックを頬張り始めました。

登ってこれたからよかったものの、登ってこれんかったら、
それこそアンガスがもう少し体重のある犬やったら、、、
今回ばっかしは本当にアンガスを返してくれて神様ありがとう。
そして、イタグレを飼っといて、救われた。と
心から思いました。

もう、絶対、危険なとこで(と言わずドッグラン以外で)
ノーリードには致しません。はい。

そして今日はアンガスを初めて川に入れてみましたが、
水は苦手らしく、一回入れたら二度と入ろうとはしませんでした。
(冷たかったからかも?)
a0019637_1535588.jpg

色々あった結婚記念日でしたが、
アンガスがいかに自分達にとって大切な存在であるかが、
思わぬハプニングで、嫌っちゅーほど実感した1日でありました。

は~、、、、、、、、、おもろかった。(怒られるで~)


a0019637_245458.jpg

堪忍してや~
[PR]