5/16ポリスアカデミーを見る

a0019637_94552.jpg
何もやることがない時は、TSUTAYAに行きます。
他に娯楽がないので。

借りるビデオっていうのも難しいですね。
昔は手当たり次第借りてたんですが
最近はあんまり頭を使わずに見れる作品が好きです。
サスペンスや心理モノは好みません。

で、これと言ってみたい作品がなく、ふと目に入ったのが
「ポリスアカデミー」です。
しかもシリーズ1作目です。
なんと懐かしいんでしょう!

早速家に戻って見ましたが、なんと日曜洋画劇場のにおいがするんだろう、、
とわくわくした気持ちで見ました。

かなり好きな映画なのに
案外覚えてなかったんです。
出てくるキャラクターを。
かつてこんなにキャラの濃い作品があったでしょうか??

せっかく見たので、一通りキャラクターをご紹介しましょう。

マホニー : 主人公。いたずら好きで教官から目をつけられるが
        作品中最もキャラが薄い。

トンプソン : マホニーと恋仲に。
         綺麗だけど彼女もこれといった特徴はない。

タックルベリー : 大のガンマニア。顔が怖い。
            銃をもたすと見境なくぶっ放す。
            確か「右向け左」にも居ましたよね、こんなキャラ。

ジョーンズ : 人間スピーカー。口であらゆる音を出せる。
          笑いのセンスもあり、いい奴。
          こんな奴身近に居たらめちゃくちゃ楽しいやろうなぁ。

マルティン : 女にもてもての色男。毎日女性寮に忍び込んでいたが
         ひょんなことから、女教官に夢中に。

ハイタワー : この手の映画にお決まりの巨人キャラ。
          でも女性にやさしい一面も。
           これもお決まりだが、車の運転が苦手。

バーバラ : おデブちゃんキャラだが、追いこまれると
         たくましくなり、悪者どもをやっつける。

フックス : 声が小さくて高いせいで、ハリスにいびられる。
        キュート。

名前が不明なメガネ : あまり誰からも名前で呼ばれてなく
                嫁すらも「このろくでなし」と言ってたので
                名前がわかりませんでした。
                こいつが少しでも動けば周りが災難に
                見まわれる。
                1作目以降の作品の方がその迷惑っぷりが
                強烈になっている。
                嫁がすごい運動神経と根性の持ち主。

ハリス警部 : 生徒をいびりまくる嫌なやつ。
          だが生徒はこたえてなく、馬鹿にされぱなっし。
          顔が欽ちゃん。

ラサール校長 : 金魚ちゃん大好き。
            たまに適当なことを言うため周りが巻き添えを食う。
            なぜか下ネタが絡むことがある。
            まだ現役な様子。

以外と小ネタも多く、ジミな笑い好きにも楽しめる作品だと思います。
期待通りのオチやネタは見ていて気持ちがいいものです。
「吉本新喜劇」や「浦安鉄筋家族」と求めるものは一緒だなぁ、と
感じました。
[PR]