中国人ダイブ事件

数日前、久々の外食でうまい鶏専門店で、5安打を打ち出し
(手羽先、香味揚げ、鳥春巻、鶏雑炊、和風サラダ全てヒット)
満足感いっぱいの車での帰り道。

前方にはすごい勢いで走るチャリンコ、乗っているのは兄ちゃん。
手を→に出した後(律儀にも)そのスピードを落とすことなく右折。
車体がかなりふらついた後嫌な予感は見事ヒットし、
兄ちゃんはものすごい速さで
左端の用水路に自転車ごとダイブしました。

飯田の夜は寒い。用水路に走る水の深さは結構ある。
車を止めて「大丈夫?!」と声をかけたら
鼻をおさえながら「すみません」(うちらにあやまられても)
言葉は片言。
用水路に渡された鉄の橋に鼻を打ったことは間違いないが
暗いので血が出てるのか、濡れているのか
どうゆう状況だか全く見えない。
と、すかさず後ろからチャリンコ集団が走ってきて
別の中国人が「大丈夫です」(お前が言っても説得力はないぞ)
といいながら、痛がる友達には目もくれず
チャリを引き上げ、強引に友達を乗せて去って行った。
後を追う数台の中国人集団。
ダイブ~撤収までの時間、わずか1.5分といったところか。
(いや、もっと短かった気がする)

たぶん、競争でもしてたんだろうが、あの撤収ぶりを見ると
なんだかビザだのなんだのの後ろめたさでもあったのかな、
と思うが、それにしてもあの兄ちゃんの見事なダイブに
全く同情も動揺も見せない仲間達の態度を見ると
あいつ、1度や2度じゃないんだな。
と勝手に決めつけてみた。

もう1週間も前の話なのだが、未だに車でその用水路の脇を走る際
いや~な悪寒が走るようになってしまった。
酔っ払いチャリンコ運転はやめよう!

あ、危ない!
a0019637_8575038.jpg

[PR]