5/21中華料理に悪戦苦闘

「中華料理にだけは手を出すな」
これが自分の中で自然と身についた教訓だったのです。
ここでゆう「手を出すな」
は作る方ですけど。
家庭用の普通のコンロ、材料、手際では、美味しく作れるわけがない、
と分かってますからね。
もちろん食べるのは大好きです。
うちの近所にある中華料理屋に、かつてこんな美味い中華料理は
あっただろうか?!と本気で思ったくらい美味いとこがあります。
ほぼ1人で作ってはるんですが、その腕の見事なこと!
カウンターに座れば、シェフの腕さばきが見れるわけですが、
ダイナミックで実にスムーズ!スピーディー!
で、味はというと、実に繊細で、オリジナリティーにあふれた
味付けなのです。
あと、中華料理やのに厨房がピカピカで綺麗なのも
すごく感心しました。
まじでここはすごく美味いですねぇ。でもさすがに人気あって
常に満員ですけど。

で、今日はなんとなくネットを見ながら、冷凍庫に余った
鶏ムネ肉を有効に使えるレシピはないものか、、、。
と色々漁っていたのです。
「鳥のピーナッツ炒め」が目に入りました。
「柿ピー」の柿の種の方をペペロンチーノに入れるとすごく美味しいそうで
残ったピーナッツを使って「鳥のピーナッツ炒め」を作りましょう、
というわけです。

おもしろそうなので作ることにしました。
作ってみたら、案外簡単で、初めて作ったにしてはすごいいい出来に見えました。
食べてみたら、辛い辛い!
トウバンジャンをいれすぎたみたいです。

ああ、だから中華には手を出すなって言ったのに。。。
と自分をなじりました。

私は辛いのが苦手なので、もしかしたら辛いのがいける人には
美味しいのかもしれない。
辛いと味が全くわからなくなるんで、自分では判別つきませんが。

話は少しそれますが、辛いものが全て苦手というわけではないです。
キムチとかわさびの辛いのはいけますねぇ。
好き嫌いもちょっと偏っているというか、
チーズはだめだけど、ピザ、カルボナーラ、グラタンなどはいけます。
チーズ嫌いでも私と同じ「固形でなくなったチーズ」は好き、という人は
以外と多いと思います。
納豆だけは絶対だめですねぇ。
一度納豆スパゲッティを食べていた連れが
「だまされたと思って食べてみー」と薦めてくれましたが
ほんとに「だまされた!」と激怒しました。
まぁ「だまされたと思って」と言ってくれてるんだから
「だまされた」と怒るのも理不尽な話ですよね。
いや、でも「これだけは絶対に今後も食べない」と誓うくらい
納豆はだめですねぇ。

たぶん子供が出来たとしても食卓に出すことはないです。
うちの親も出しませんでした。
「うちは○○は食べない家庭ですから」でいいと思うんですけどね。
それを食べずとも他の品で補えるんであれば、十分です。
[PR]