ものすごいミーハーな話なんですけど、見てまいりました
ハウルの動く城。

感想はここで述べることもないでしょう。他のとこで散々盛り上がってること
でしょうから。

地元の映画館で見に行ったわけですが、「さすがに宮崎作品となれば
この田舎のシガナイ映画館でも相当な盛況ぶりになるやろう」
とある程度覚悟して、30分ほど前から劇場入りしました。
映画館の方でも、今回は相当気合入ってたことと思います。
整理券を用意してました。

しかし映画館に入ってみると、、、
7割くらいしか埋まってないし!
映画館の座席の後ろには、立ち見になる客を見越して用意したと思われる
丸イスが悲しくつんでありました。。。。

公開を待ちわびた宮崎作品を並ばずに余裕で鑑賞できる田舎の特権を
満喫しつつも、改めて田舎っぷりを痛感しました。

映画の感想、、ひとつだけいえば
「原田大二郎じゃなくてもよかったんじゃないだろうか。。」
というところですかね。
[PR]
秋から冬にかけたこの時期、やはりしっとり哀愁漂う音楽が恋しくなってしまいます。
オーガネルズのCDはたまたま視聴して買ったので、
オーガネルズ事体がどうゆう人たちなのか、全然知りません。
ライナーズノートもついてなかったし。。

このアルバムはジャズっぽくもありアンビエントでもあり、
すごい独特な世界観があります。
ボーカルがしっかり入ってるんですが、その声も楽器の一部みたいな感じが
また私のツボにはまるポイントです。
言葉では伝えにくいですが、一人でしっとり聞くためのアルバムといった感じ。

ジョーンオブアークも最近聞いてないけど、今のシーズンはまりそうやなぁ。
a0019637_811467.jpg

[PR]
新婚旅行でアメリカに行ってた友達からお土産が届きました。
超人ハルク関連グッズやその他諸々、そしてAC/DCのライブDVD。

1996年のマドリードでのライブ映像ですが、実は私はAC/DCのライブ映像
をきちんと見たのは初めてなんです。

いやー、おもろい!
あのリードギターのおっちゃんはすごい動きますね。
めちゃくちゃおもしろいです。
いやほんま、あのパワーには感心通り越してあきれてしまいました。
独特のステップとパフォーマンスにはアトラクション感覚すら味わえます。
まぁ、大体20分くらいでさすがに飽きてしまいましたが。

a0019637_1645965.jpg
なかなか絶妙なお土産をどうもありがとう。
[PR]