ガスヴァンサントのおいちゃんのジェリー→エレファントにつづく、
実話にインスパイアされた第3作目ですね。
LAST DAYS。

ちなみに非常にお恥ずかしながら、最近DVD発売されたこの作品を
「めざましテレビ」の軽部さんのコーナーで知りました。
そういえば、ラーメンズのALICEもこのコーナー見て興味挽かれたし。
めざましが情報発信源なわたくし、田舎もん度高ですね。

ガスヴァンサント監督、エレファントに続く実話ネタ、と
いうことで、免疫ができていた私は、LAST DAYSをカートコバーンと
は切り離して見ることができた為、とても良作だと思いました。

実はニルバーナ好きではあるものの、持ってるCDはIN UTEROと
アンプラグドくらいで、ブリーチは売ってしまったし、
肝心のNEVERMINDは持ってないし、、、
という具合なので、カートコバーンについての知識もさほどない故
すっぱり切り離して鑑賞できることができてラッキーだったと思います。

それよりも、マイケルピットがとてもよかったですねぇ。
彼が作ったという「BIRTH TO DIE」は映画を見てからも
ずーっと頭について離れない、とっても心に染みる曲です。
俳優でありミュージシャンでもある彼の多才能ぶりを
堪能できるいい映画だと思います。

映画自体も観る側を突き放して淡々と進むようで、実はとっても主人公の目線を
意識したカメラワークとか、(ボーイズⅡメンのPVが画面一杯に広がるシーンなんて
主人公の目線そのものやし)主人公の主観に立てるような配慮が盛り込まれている。
エレファント同様、「なぜ自殺したか?」「何に苦悩していたのか?」の
普通の映画では絶対に必要なコンセプトが全く排除されてますので、
作り手にその部分を求めて観るタイプの人には絶対受け付けられない映画です。

カートコバーンを楽しみたいならアンプラグドのPV観るのが一番やと思う。
この映画は、「ラリって彷徨って死んだ、ロック好きの青年」という
観点で観てしまうのは必然やと思います。

あーーーー、むしろヴェルベットアンダーグラウンドが聞きたい。(観れば分かります)
a0019637_2364962.jpg

[PR]
by gobuffalo | 2006-09-27 23:06 | 映画
ラーメンズのDVDボックスセットを買ってからというもの
毎日毎日ラーメンズ漬けの生活。

DVD4本組のボックスセット×2を購入し、
Vol2の方は「Classic」1本を繰り返し見ていて
残り3本は手をつけていない。

私のお気に入りのコントは
「絵描き歌」「悪魔が来たりてなんかいう」「ネイノーさん」「男女の気持ち」
「片桐教習所」「ギリジンツーリスト」「バニーボーイ」

とにかく、小林賢太郎さんの物真似やパントマイムなど多種多様な
芸を織り交ぜた器用さと、片桐仁さんの滑舌の悪さとなんともさぶ~いキャラが
際立つ不器用さの対象性が楽しくって仕方ない。

あと3本丸々見ていないDVD、あと2週間くらいかけてじっくり見ることに
なるだろうけど、このDVDがあれば、生活の大部分がラーメンズで埋め尽くされるという
ラーメンズ中毒になること間違えなしです。
a0019637_821047.jpg

[PR]